住宅の設計・工事監理業務の流れと費用

お問い合わせページからお問い合わせをいただく
 

Eメール:info@h-a-p.jp

電話番号:0256-52-2341

お気軽にご連絡ください。

   

ご相談・現地調査・基本構想

 家づくりのテーマを決め、条件を整理して構想案をまとめます。


・家づくりの希望を聞く
・敷地の状況や周辺環境などの調査
・法的規制の確認
・計画案作成・提案(平面図・立面図)
・完成予想スケッチ
期間:1~2ヶ月程度
料金 : 無料
設計契約はできないけれど計画案はハウスメーカーなどで利用したい場合。
料金:150,000円

   

設計・工事監理業務契約
料金:120,000円(設計・工事監理報酬の一部になります)

基本設計までの契約や実施設計までの契約も可能です。

   

基本設計
 1~2週間に1回のペースで打合せを繰り返し納得できるプランにまとめます。
この間に構造および仕上げや設備の内容を決めます。
住宅設備ショールームに立会い設備選定の助言をします。

・構造・設備基本設計案の作成(器具配置図)
・使用材料の選定
・基本設計案を検討、修正を加えた最終案の作成
・概算見積書の作成
・地質調査
・家づくりトータルコストの概算
・全体スケジュールの作成期間 : 1~3ヶ月程度
料金:基本設計完了時 報酬額の15%-120,000円

   

実施設計
・工事見積用図面の作成. 
通常20~50枚程度作成します。
期間:2~3ヶ月程度
料金:実施設計完了時 報酬額の15%

   

施工業者選定・確認申請
 施工業者3社程度に見積もりを依頼します。施工業者から提出された見積りの内容を査定し、施工業者選定の助言をします。見積り内容により、建て主と相談しながら設計内容を調整します。この期間に確認申請を行ないます。

 

・見積り入札に関する業務
・見積りの査定
・設計内容の調整
・施工業者と建て主の工事請負契約に関する業務
・確認申請図書の作成・申請
期間:1~2ヶ月程度

料金:施工業者選定完了時 報酬額の10%

   

施工監理
 工事の進行状況に合わせ現場に出向き(通常週1回程度、オープンシステムの場合週3回程度)設計内容で工事が進行しているか確認します。建て主の意向を専門家の立場で施工業者に伝えます.

・施工状況確認
・施工図作成
・検査機関が行う検査への立会い
・取扱説明・引渡し立会い
期間:4~6ヶ月程度
料金:上棟時 報酬額の30%+追加精算

   竣工引渡し時 報酬額の30%+追加精算

※上記載は一般的な新築住宅の場合です。

 住宅以外、改修・模様替えの方、ご相談ください。
※無料プランの著作権は萩野建築設計に属します。
 第三者への譲渡または無断利用および設計ならびに
 施工に使用することは堅く禁止します。
※設計契約に至らない場合および計画取り止め
 の場合はプレゼン資料を回収させていただきます。

報酬

 設計・工事監理業務報酬

 工事概算金額の9%
 ※目安です。作業内容により異なります。ご相談ください。

 オープンシステム「分離発注方式」を利用する場合の

​  設計・工事監理・工事調整業務報酬

 工事概算金額の15%

 ※ 設計関連業務報酬と建設費の合計はオープンシステムのほうが安くなります。

 ※目安です。作業内容により異なります。ご相談ください。

Copyright (C) 2016 Hagino architectural planning.All rights reserved
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr