萩野建築設計では
だれもが建築家との住まいづくりを
楽しめるようにしたい​という思いから
建築家と創るこだわりの家が予算内で実現できる
イエヒトのオープンシステム
「分離発注方式」を採用しています。
 
※オープンシステム方式は建築家が工事全体を調整します。現場に頻繁に行き、専門業者に直接、設計意図を伝えます。
 
※オープンシステム方式は各専門業者をおもに同業者2~3社の見積競争で選ぶので、適正価格で契約できます。
 予算2200万円の家づくりをオープンシステムで工事を行った金額と、従来の方式の設計事務所に設計・施工監理を依頼し建築会社に工事を一括で発注した場合を想定して比較しました。元受け会社の経費を25%に想定した比較表です。
   オープンシステムは、なくなる工務店の経費よりも、ふえる設計事務所の費用の金額が小さいので、その差額分を設計面の工夫やこだわりの部分にお金を掛けたり、ほしい設備を選んだり、ということが予算内で可能です。
 
  工務店がいないので工事中や引渡し後のトラブルの対応に不安があるかもしれませんが、母体であるイエヒトの保険制度があるので安心できます。
 
だれもが
建築家と創る自分たちらしい住まいを
予算内で実現できます。
561853_362763197142121_578935209_n.jpg
OS新潟新ロゴ.png
Copyright (C) 2016 Hagino architectural planning.All rights reserved
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr