縦長の工夫を

狭小住宅で広さを確保するためには、横ではなく縦の空間を広げるための工夫が必要です。

 

各階の間に別の階を設けるスキップフロアは、縦の空間を活用できる特徴があり、狭小住宅を活かした間取りを可能とします。

 

階段を設置する際にデットスペースとなりやすい踊り場にちょっとした棚を設置すれば、書斎や勉強部屋代わりになります。

 

音や光を遮断した空間が必要なシアタールームや寝室用の部屋を地下に設ける方法も有効です。

狭小住宅は、敷地面積に限りがあるため空間を広く見せるための工夫をすると快適さが増します。

 

新潟で住宅設計についてお考えでしたら、萩野建築設計にご相談ください。新潟県内各地域の特徴に合わせた設計をご提案します。計画案のご提案までは無料でお受けしますので、狭小住宅を建てたい方、住まいづくりにこだわりのある方も、まずはお問い合わせください。

新潟で住宅設計を依頼するなら萩野建築設計

事務所名

萩野建築設計

住所

〒959-1326新潟県加茂市青海町1-1-49

TEL

0256-52-2341

URL

Copyright (C) 2016 Hagino architectural planning.All rights reserved
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr